中古車を選ぶときはどこを見ればいいの?
どんな中古車を選べばいいのかわからない。
走行距離と年式だけ見てればいいんでしょ?
欲しい車があったけど価格は適正なの?

中古車の購入は人生の中でそうあることではありません。車好きならまだしも、車に疎い私たちはどのように中古車を選べばいいのでしょうか?

 

今回は中古車を購入する際にどんなところに注意すればいいのか、何を確認すればいいのか。失敗しない車の選び方をご紹介します!

 

基本は年式と走行距離!

中古車を購入する場合、ほとんどの人が年式と走行距離で選びます。

どちらも判断基準は「あとどれくらい走れるか」です。

 

車の買い替えサイクルは人によりますが、5年から7年。多く走る車なら3年ほどです。走行距離は1年に1万㎞が平均なので年数に比例します。

 

たいてい中古車の購入をするときはまず欲しい車を決めて、相場を調べ、その中で走行距離が短く、年式の新しいのを選ぶのが王道です。

 

どの買い物をするにも新しい方が良いに決まってます。新品により近いものが性能も衰えず、劣化も少なく、長持ちします。

 

しかし、本当に年式は新しければそれだけでいいのでしょうか?走行距離は短ければ長持ちするのでしょうか?

東京都 中古車販売店店員 30代

「たいていのお客様は走行距離と年式だけで車を選ぼうとしますが、それだけでいい車かどうか判断するのは大きな間違いです。年式が古くても日本の車は壊れにくいから長持ちすることが多いんですよ。」

 

実は必ずしも若い車がいいとは限りません。

 

年式が新しく走行距離が短いものの方が新品に近いというのは大きな間違い!

皆さんが年式が新しく、走行距離が短い車を選びたがるのは新品に近い、長持ちする、性能がいいと考えているからだと思います。

しかし、必ずしもそうではありません。

 

例えば新品の家電を買って、勝ったばかりなのにすぐに壊れてしまったなんてことありませんか?

リサイクルショップに行くと、ゲーム機などが安く売られていますよね?その横に「リモコンなし」とか「コントローラーなし」などと書かれているもを見たことがありませんか?

それらは前の所有者が何年使った物でしょうか?

 

例えば10年使ったゲーム機と1年使ったゲーム機、これだけ聞くと1年使った方を買いたくなりますが、もしも、これにコントローラーが付いていなかったらどうでしょう?ジュースをこぼした跡が付いていたらどうでしょう?

10年使った方がとてもきれいに使われていたら?どちらが長持ちし、どちらが正常に動くでしょうか?

 

中古車を購入する際に見なければならないのは、車の状態です。

あくまで走行距離と年式は参考程度。

 

走行距離が短い方が長持ちするでしょうが、10年乗っている車が2万キロしか走っていなければどうでしょう?その間、あまり動かされず、使われていない分性能も下がっているか、使っていないからこその劣化がひどいかもしれません。錆びやゴム部品、タイヤの劣化などです。また、エンジンの状態も悪くなります。

年式が古い車も、安いから悪いというわけではありません。フルモデルチェンジした車種の場合、旧式のモデルは一気に値段が下がります。安い車=性能が悪いわけではないのです。

千葉県 中古車販売店オーナー 40代

「あまり走っていない車を選ぶのは実はいいことではないんです。エンジンもちゃんと動かしてあげないといけません。だから適度に走っている車の方が安全性が高くて長持ちしますよ」

 

逆に走行距離が短く、年式の新しいものを選んだとしても、ほぼ同等のレベルの車をもっと安く手に入れられる可能性もありますし、新しさだけに目を奪われて、維持費や燃費のかかる車を購入してしまうはめになりかねません。

東京都 中古車販売店店員 30代

「あまり車を使わない女性や主婦の方なら走行距離なんかより燃費や内装の状態を見た方がいいと思いますよ。」

それらを防ぐには選ぶ基準をしっかりと知らなければならないのです。

 

では走行距離と年式はどのように見ていけばいいのでしょうか。

 

年式と走行距離はバランスが重要!

車は機械です。何よりも前のオーナーがしっかり手入れしていたかどうかが重要。あまりたくさん走り過ぎていても、全然走っていなくてもいけません。

標準である1年に1万キロが最も理想。

例えば、5年だと5万キロが理想的です。5年で10万キロは単純に言って10年分の負担がかかってしまっていますし、5年で1万キロではほとんど使われていなかったことになり、思わぬ不調が現れたりする可能性があります。ほとんど乗らない車は手入れもそれほどしなくなってしまうもの。

 

標準的に使われている車は点検や手入れも標準的にされていると考えるのが普通ですよね?

 

年式は5年を境に価格が変わることが多いのですが、フルモデルチェンジされた車種は一気に価格が下がることもあります。年式がより浅く、走行距離も標準的なものであればフルモデルチェンジで安くなっている可能性があります。自分が欲しい車の情報は事前に調べておくことも重要です。

東京都 中古車販売店店員 30代

「価格が低いからって悪い車ではありません。店舗はそれぞれルートを持ってますからね。他よりも安くいい車を売れるところだってたくさんあるんですよ。」

 

走行距離が短すぎる場合、メーターを改ざんしている可能性も高くなります。メーターの改ざんは違法ではありませんし、そのまま売っても問題ではありませんが、隠して売ることは違法です。実際の距離かどうかを確認することも忘れずに行ってください。

 

維持費、燃費も重要です!

走行距離や年式以外にも、もちろん確認しなければなりません。

 

中古車を購入する上で忘れてしまいがちなのが購入後の維持費。

 

現代はインターネットやオークションで購入できるため自宅から離れた店舗で購入する人もいますがあまりお勧めできません。中古車はもちろん機械ですし、使っているうちに色々な手入れが必要になります。今後車を使い続けるうえで信頼できる店舗を選ぶのはとても重要なことです。

理想的なのはやはり車で行ける距離で購入すること。アフターサービスや保証の際の手続きなど、遠くてはそれだけ経費がかかってしまいます。

神奈川県 中古車販売店店員 30代

「都心部ならいいかもしれませんが、地方ならなおさら近くのお店で買うべきですよ。その方が色々相談に乗ってくれるし、お店としてもよく知ってるお客さんとの方が案内しやすいですから。常連になってくれることはお互いメリットがあるんですよ。」

 

出来るだけ近所のお店で購入しましょう。車で行ける距離であれば中古車を探すには十分なはずです。

 

しかたなく遠くのお店で購入する場合は、車の状態や動作確認を入念に行い、維持について相談してみましょう。

 

また、人気の車種でも特殊なパーツをつけていたり、あまりないカラーのものだと、それも手入れが大変です。あまり派手な車を購入する人はそれほど多くはないと思いますが、部品の交換や塗装など、いざというときのことも考えておくのがいいでしょう。

 

燃費も重要なチェック項目の一つ。

自分がどんな用途で車を使うのかを考え、お店の人に相談しましょう。

 

ここ最近の車は燃費の良さは急速に向上しています。用途にもよりますが選択肢も多いはず。

 

売る時のことも考えて選ぶのが理想的

あまりいないと思いますが、出来れば次に売る時のことも考えて購入するのが賢い買い方です。

 

ボディーカラーを人気のあるブラックやホワイト系にしたり、オプションは純正のものが付いているものを選んだり、なるべく傷のないものを選ぶなど、ほんの少しの注意でいいのです。

それだけで次に乗り変えをするときにとても役立ちます。車の買い取りは走行距離や年式だけで決まるものではありません。

劇的に価格が上がるわけではありませんが、せっかくですから数万円でも高く売れる車を選ぶのが賢明です。

 

まずはお店選びを行うのが優先

中古車を購入する際、どうしても車選びの方へ注力しがちですが、お店選びも重要です。

 

車は他の商品と違って買ったら終わりではありません。

修理、点検、起しては欲しくありませんが事故など、店舗に行く機会が何度もあるのです。

 

欲しい車を決めたら、まずはお店選びをすることを優先すれば、今後長く付き合える優良店と出会うこともできます。

保証内容がしっかりしていれば余計な費用を抑えられます。様々な相談に乗ってくれるので特に素人の私たちにとってはありがたい友人となるのです。

 

お店を選ぶ際には一般的なことに注意すればすぐに見つけられるでしょう。店内は清潔か、店員の態度はいいか、質問に納得するまできちんと答えてくれるか、売りたい車を無理やり売ろうとしてないかなど、小さなことで構いません。

少しでも信用性がないと感じたら、様子を見ましょう。他の店舗も見てみたり、他の店員に話を聞いてみるのもいいでしょう。友人や家族に相談することも、一緒に来てもらうことも有効です。

中古車は新車と違って売れてもまた入荷するというわけにはいきませんから、スムーズに選べる方がいいのですが、その後のことも考え、お店選びはしっかり行いましょう。

 

いかがでしたか?

中古車は誰かが使っていた物ですから、劣化や消耗などは仕方ないことです。しかし、日本の車は性能が優れているため長く使えます。

 

長く付き合っていくものですから、選ぶ際はしっかり、根気強く選ぶことが重要です。

失敗せずに車を選べるようしっかり、押さえておきたい内容ですね!

 

ご協力いただいた店舗の皆さま、ありがとうございました!