中古車を購入する際に注意しなければならないのは書類の準備。

もしも書類の準備が遅れてしまうと納車が遅くなってしまいます。車の乗り換えはタイミングも大切。特に通勤に使っている方は車が乗れない時期が長くなってしまうと困りますよね。

車の購入に必要な書類はあらかじめ用意できるので、事前に準備し、スムーズに購入できるようにしておくのがベストです。

 

必ず自分で用意しなければいけないもの

まずは実印です。

役場で登録してある実印を用意しておきましょう。

 

次に印鑑証明書。これも役場で取得できます。

注意したいのは発行から3カ月以内の書類を準備すること。3カ月以上過ぎている場合は受け付けてもらえません。

 

この2つは必ず必要です。

また、車の車種や実際ほしい車が決まっていなくても準備することができるので、いつまでにほしいというスケジュールが立ったら準備しておくと良いですね。

 

しかし、あまり早すぎるのもよくありません。

印鑑証明と証明書の発行には、場所によりますが400円~900円程の手数料がかかります。

1年後に車を買うからと準備しても発行手数料が無駄になりますので注意しましょう。

 

その他に軽自動車を購入する場合には住民票必要です。こちらも3カ月以内のものを用意しましょう。発行手数料もかかるのでタイミングに注意してください。

ちなみに軽自動車購入の場合は実印でなくても印鑑があれば問題ありません。印鑑証明書の発行も不要です。

 

他の書類は販売店が用意してくれます!

車の購入に必要なものは実印と印鑑証明だけではありません。

販売店に書類作成や申請を代行してもらうための委任状や、車庫証明などが必要です。

 

役所へ行って取得するものぐらいなら出来そうですが、それ以外はどうしていいか知っている人は少ないでしょう。

しかし、心配する必要はありません。

 

ほとんどの販売店でその他必要書類の手配、申請まで行ってくれます。

あなたは言われた通り書類に必要事項を記入し、押印すればいいのです。

 

どんな書類も必ず内容確認!メモも忘れずに!

中古車購入の書類は数が多く、面倒です。

ついつい販売店に言われるがままサインし、押印してしまいがちですが、それが契約だということを忘れないでください。

 

車の購入はスーパーで買い物するのとは全然違います。そして、販売店とも長く付き合っていくことになります。

悪意を持って何かおかしな契約をさせられることはありませんが、自分がどんな契約をしようとしているのか、何な内容に同意するのかなど、最低限のことは理解しておきましょう。また、不明な点や書類について説明が必要な場合は遠慮せずに質問しましょう。

 

曖昧なままサインして、後々トラブルになっても契約を交わした後ではどうしようもありません。

 

よくあるのが、言った言わないのトラブル。保証内容やアフターケア、修理などの際に起こるのですが、相手は一日に何件も契約をしている販売員です。言った言わないは正確に覚えている人は少ないでしょう。

それに毎日同じ説明をする販売員は万が一説明を忘れてても気が付きません。

 

説明の中で言われたことや大切だと思うことはその場で書類にメモをしておきましょう。後で何を説明されたか、何を説明されていないかわかるようにしておくのが賢明でしょう。

 

トラブルなくよりよい関係を築ければ最高のパートナーになってくれますが、万が一トラブルになった時の準備は重要なのです。

 

自分で行った方が少しお得になる車庫証明も代行してもらいましょう

車を買うということは駐車スペースが必要になります。

たいていは自宅の車庫や契約駐車場を使うと思いますが、中古車購入の際には車庫証明書が必要です。

 

これも、他の書類同様店舗が代理で手続きしてくれますが、自分で手続きを行えば代行手数料が少し安くなる場合もあります。

 

自分で車庫証明書を発行するには、所轄の警察署で申請書類を受け取ります。

そして、必要事項を記入したうえで申請するのですが、自宅の場合は自認書、賃貸の場合は保管場所使用承諾証明書を記入し、管理人に署名・捺印してもらう必要があります。

また、自分の駐車スペースの配置図や地図を描き、申請には500円かかります。

 

自分で申請することも慣れてしまえばそれほど難しくはありませんが、申請書の書き方は少し複雑でルールを知らないと何度か書きなおす羽目になります。

 

書類の代行手数料は書類の数で決まっている場合とそうでない場合がありますので、一括で引き受けてくれるところであればやってもらいましょう。間違いなく申請できます。

手数料が別途かかってしまう場合でも、行ってもらう方がスムーズです。

 

予算を組む時にあらかじめ手続きの費用も計算しておくと、後で困りません。

 

いかがでしたか?

一見難しそうに見える書類の申請も店舗がほとんど行ってくれるので心配する必要はありません。

重要なのは、何度も言いますが安易に署名したりしないこと!しっかりと内容を確認し、わからなければ質問することを忘れないでください!