ディーラーと買い取り業者、車を売るならどちらがいいの?
車はどこに売るのが一番お得?
買い取り業者の方がやっぱり高額査定をしてくれるの?その理由が知りたい!

車の買い替えは人生の中でそう何度も経験することではありません。いざ買い換えをするときに問題なのは車を売るお店選び。

ディーラーと買い取り業者ではどちらがお得なのでしょう?今回はディーラーと買い取り業者の違いとそのメリット、デメリットを取材してきました。

ディーラーってそもそも何のこと?普通の車屋さんと違うの?

まずはディーラーについて説明しましょう。

 

ディーラーは「自動車ディーラー」「中古車ディーラー」などとも呼ばれますが、つまりは車屋さんのことです。

中古車に限らず、新車も販売することもあります。むしろ、一般的にはディーラーと言うと新車販売をイメージされます。

個人で経営している販売店との大きな違いは、自動車メーカーと特約契約を結んでいること。つまり、自動車メーカーからの仕入れルートを持っているということです。

たいていは個人で販売している販売店の方が安いことが多いのですが、大手メーカーと契約を結んでいるディーラーの方がアフターケアがしっかりしています。

 

購入の場合はどちらがいいとは言えません。個人の販売店でも低価格ながら親切でしっかりとケアしてくれるところもありますし、ディーラーだからと言って安心とは限りません。いずれにせよ車の購入の際はしっかり相手を見極めることが大切です。

もしも、アフターケアに不満があればわざわざ購入したお店で面倒を見てもらう必要もないのです。

 

さて、話を戻しましょう。

ディーラーが車の販売を行うのに対して、車買取店は車の買い取りが仕事です。買い取り店は自社では個人に対し車の販売は行いません。車を買い取り、オークションや海外へ売るのです。

 

ディーラーは販売店、買い取り店は買い取りが専門。だとするとディーラーより買い取り店の方がいいの?と思うかもしれません。

それぞれにメリットやデメリットがあります。それぞれ見て行きましょう。

ディーラーに売る時のメリット、デメリット

ディーラーは販売店ですが、買い取り店と同じようにオークションで車を販売するルートや買い取ってくれるルートを持っています。買い取り店と同じように、大切な収入源なのです。

 

ディーラーのメリットは買い取りから販売まで行っていることです。これが一番の強みでしょう。

東京都 中古車ディーラー 30代

「うちなら車を受け取ると同時に買い取りします。ですから乗り変えるその日まで使ってもらって構いませんよ。」

車を買い替える時、一番困るのが車に乗れなくなる期間です。今までの車を売って、次の車が来るまで運転できないのです。今まで車を使っていた人にとってはとても不便ですよね。

ディーラーで車を売る時にはほとんどの場合その店舗で車を購入する時だと思います。わざわざ他のディーラーへ車を買い取ってもらう人はよほどの事情がない限りいないでしょう。

同じ店舗で購入して、売るわけですから車を取り変えるような形で購入から買取までを行うことができます。

乗れない間、他の人に車を貸してもらったり、代替車を借りたり、他の交通手段を使ったりしなくていいのです。

東京都 中古車ディーラー 30代

「買い換えの時車がないのは結構不便だと思います。自分の車でないと不安な人も多いようで。人の車に乗るのは何かあったときに困りますからね。ディーラーでの買い替えならそんな心配は必要ありません。」

 

また、1社で全てを済ませることで手続きも楽になります。実際に行われる手続きが少なくなるわけではありませんが、ほとんどの販売店は1度で済ませてくれますのでその分ストレスなく購入できます。

買い取り店に売る時のメリット、デメリット

車買取店のメリットは何より買い取り専門であるということでしょう。

ディーラーは車のプロとは言え、販売と言う別の儲ける手段があります。本当のところを聞くと、車の買い取りにはそれほど力を入れていないのがほとんどです。それはそうです。車の販売に力を入れた方が儲けが大きいですから。

東京都 車買取店店長 30代

「下取りはお勧めできません。何より価格が低い。買い取り店で悩むならまだしも下取りか買い取りかで悩んでいるなら、買い取りに行くべきです」

 

車買取店が力を発揮するのはスピード、価格です。

買い取り査定から現金化までのスピードはやはり早いです。車を渡してしまえばその日のうちに現金を渡してくれます。ディーラーでもその日のうちに現金化してくれるところはないわけではありませんが、少ないでしょう。

東京都 車買取店店長 20代

「車を持ってきていただければその日のうちに現金をお渡しできますし、出張だとしても遅くて翌日には振り込まれています。」

 

そして、重要な価格。これは断トツ買い取り店の方が高くなります。その秘密は、買い取り店独自のルートにあります。

買い取り店は買い取った車を整備した後、オークションにかけて販売しますが、他にもルートを持っています。自社で販売店を展開していたり、海外に高く買い取ってくれる業者を持っていたり。どの車種がどこで高く売れるかを知っているのです。

 

車買取店の仕事は車を買い取るだけではありません。買い取ってからが本番なのです。その車を高く売ってこそ利益になるのですから。

東京都 車買取店店長 40代

「たいていの買い取り店はそれぞれ独自のルートを持っていて得意な車種があるんです。だからいいお店に出会えれば下取りなんかよりよっぽど高く売れますよ。」

千葉県 車買取店店長 30代

「一度査定だけでもしてみてください。ディーラーで売るよりもはるかに高い値段が付くはずです。数十万円は違うなんて日常茶飯事ですよ。」

 

ディーラーは買い取った車を整備して自分のお店で販売するケースが多いのです。自分で買って自分で売るには、安く買って高く売るのが基本です。

しかし、考えてみてください。大手サイトがオークションを個人に提供していますよね?それはその商品を必要としている人同士で購入の値段を決めてもらう方が高く売れるからです。

古臭い雑誌を本屋さんに持って行っても二束三文にもなりません。しかし、その古臭い雑誌を集めているコレクターの所に持っていけば高値で買い取ってくれるのです。

買い取り店はどんな車をどんな人が必要としているのかを知っているのです。そして必要な人のもとで売る。売れるルートを知っているからちゃんとそれに見合った買い取り価格を提示してくれます。

知らなかった人が意外と多い!車の買い取りにかかる手数料を比較

実は車買取には手数料がかかります。

これもディーラーと買い取り店では大きく違うのです。

 

あまり知られていないこの手数料。一体どのようなものがあるのでしょう。

 

ディーラーに下取りをしてもらう場合、まず査定するのにお金がかかります。

査定するだけでお金がかかることはあまり知られていないのですが、きっちり査定額から引かれています。

また、買い取られた車は売られるまでに工場で整備されます。この間にもいろいろと手数料がかかります。手続きや清掃などです。その経費も引かれています。

 

買い取り額をそのまま受け取る人が大半ですが、これら手数料が引かれていることを見落としがちです。

東京都 車買取店店員 30代

「ディーラーで査定すると査定額が買い取り価格から引かれていることを皆さんあまり知りません。そのことをお客様に告げないんです。買い取り店は買い取り価格についてしっかり説明します。交渉もしやすいと思います。」

 

一方買い取り店はこれら手数料は店舗が負担してくれる場合がほとんどです。そして、査定は無料を掲げているのが当たり前。車の値段を出すのにお金はかからないのです。

 

まるで詐欺のような話に聞こえるかもしれませんが、しかし、査定する方も人件費がかかっています。むしろ無料にしてくれる方が親切なのです。

ディーラーに売る時は少しの工夫で手数料が無料になるかも!

ここまで見てみるとディーラーで売るのは絶対的に損をしているように思うかもしれませんが、しかし、ディーラーで売るメリットも大きいものがありますよね?車はぎりぎりまで使えた方が便利です。

ディーラーで車を売る時には少しの工夫でお得に売ることができるかもしれません。

それは交渉すること。難しくはありません。買い取りにかかる費用をあらかじめ確認し、他の店舗では無料にしてくれることをさりげなく伝えるのです。そうすることで向こうも交渉に応じてくれるかもしれません。

どうしても費用がかかる場合も、無理にそこで売る必要はないのでゆっくり決めましょう。

査定が無料!手数料も無料!でもその分トラブルが多い買い取り専門店

ディーラーと買い取り店の違いにはトラブルも大きな違いの一つです。

 

インターネットの口コミを見ていると買い取り店のトラブルが散見されます。

よくある事例として、契約後に買い取り価格を変えられた、買い取り金額の返還を求められたという事例です。

 

実は買い取り店はいかに車を持って帰れるかがカギになります。つまり車さえ貰ってくれば後は店舗のもの。事故車だったとか不備があったなどと難癖を付けることがあるのです。

ディーラーはこういったことはありません。お金をもらって査定しているわけですからその査定が間違っていたとなれば査定の売買自体が無効になります。

 

もちろん後で値段が変わるような査定をしなければいいだけの話ですが、悪徳な業者も中にはいるのです。

そう言った業者はごく一部ですが、それらを見分けるのもポイントです。よく話を聞き、簡単に契約をしないなど注意することも必要なのです。

買い取り店ならインターネットの一括査定を使いましょう!

買い取り店で車を売る場合は、インターネットの一括査定がお勧めです。インターネットの一括査定なら、複数社の見積もりを同時に貰うことができます。買い取り価格が一目でわかるのです。それをディーラーの査定と比較するのもいいでしょう。

 

買い取り店と言っても複数の業者を一つ一つ回るのは大変な時間と労力が必要です。インターネットで一括査定してもらえば早く、お得に売ることができます。

 

これらは何社査定してもらっても無料ですので有効活用しましょう。

 

さて、ディーラーと買い取り店の比較でしたがいかがでしたか?それぞれのメリットとデメリットを把握して、一番お得な買い換えを選びましょう!

 

ご協力いただいた店舗の皆さんありがとうございました!