中古車ってちゃんとメンテナンスしてあるんでしょ?
中古車のメンテナンスはどこまでやってくれてるの?
喫煙車の消臭はしっかりやってから売られているの?
契約してからどれくらいで納車されるの?
そのまま店舗から乗って行けるの?

中古車を購入する人が最も気になるのがメンテナンスについてだと思います。

中古車の購入を考えているのはいいけど売られている車がどの程度メンテナンスされているのか知らない人は多いと思います。不安ですよね?

特に車は日常的に使われるもの。汚れや臭い、気になりませんか?

 

そこで、今回は中古車のメンテナンスについてのお話を中心に、車の購入の流れ、どれくらいの期間で納車されるのかをインタビューしてきました!

 

まずは知っておきましょう!中古車購入の流れ

まずはじめに購入までの流れを知っておきましょう!

 

簡単に説明すると契約→点検→納車です!細かく分けると書類の準備や中古車を探したりと言った流れもありますが、そこまで細かく考える必要はありません。検討している際に店舗の店員から説明があるはずですし、書類など手続き関係は全てやってくれます。

 

しかし、流れをもっと細かく知りたいという人のために一応説明しますね!覚える必要はありません。

 

まずは何より購入したい車、予算を決めることから始めましょう。

車はカタログやネットから見つけます。予算はローンで払うのか一括で払うのか。どこかから調達しなければならないのか、自分の貯金や収入で足りるのかを確認しなければなりません。

そして、何よりも重要なのは欲しい車はいくらあれば買えるのかです。ここをしっかりと押さえておきましょう。

 

車と予算が決まったら車を探します。ここは店舗へ直接出向いて、実際の商品を自分で見ましょう。ろくに商品も見ずに在庫があれば契約なんてことはしてはいけません。トラブルの原因にもなります。

お目当ての車が希望価格、もしくは許容範囲価格で販売されていれば契約になるわけです。ここで用意しておきたいのは印鑑証明書。契約の際に必要になりますので事前に準備しておくとスムーズです。

他には駐車場の確保も行っておきましょう。

 

契約の際に書類の作成があります。そして保険の加入手続きです。この辺りは店舗から説明がありますし、作成も行ってくれます。ただし、サインや押印する時には何の書類なのか、内容に間違いはないかなど基本的な確認はしてください。金額もチェックしましょう。

サインしてしまってからではトラブルになったりキャンセル料など余計にお金がかかったりします。

 

支払い手続きを済ませれば後は納車を待つだけです。

 

これが一通りの流れです。乗り変えの場合はここに今まで乗っていた車の買い取りが発生します。買い取りにも色々注意点がありますので事前に情報を集めておくとお得に買い取りしてもらえます。

 

買い取り記事:車を売るならどこで売るべき??以外と知らないその理由

 

中古車の清掃・メンテナンスはどのタイミングで行われる?法廷整備と整備の違い

中古車購入の流れを見て気になった人もいると思いますが、中古車の整備はいつ行われるのでしょう。

 

中古車を手に入れた業者はまず工場で点検をします。

実は勘違いをしている人が多いのですが、ここで行われるのはあくまで点検。事故歴や修復歴がないか、内部の動作に問題がないかなど、車として使うことができるのかどうか点検する作業です。

 

車自体がメンテナンス、清掃されるのは購入が決まってから。契約した後なのです。

東京都 車買取店店員 20代

「車を買ったら、買い取り店にとってはそれを売ることが重要なんです。オークションで売れれば問題なし。だからわざわざお金をかけて新品みたいにする必要はないんですよ。買い取りした車はほとんどがそのままオークションに出されて、契約されるまで特になにもされません。」

東京都 中古車販売店 20代

「中古車は契約が決まってから清掃される場合がほとんどでしょう。売れない車を奇麗にしてもしょうがないですしね。外見は奇麗にしますけど、正直なところ外見だけです。中身はしっかり確認して買うべきですね。」

 

例えば店頭に並んでいる車。ある程度奇麗なものが多いと思います。実際店舗に並んでいる商品が汚ければ売れませんから、さすがにそこはきれいにします。でも外見だけです。シートの隙間やエアコンまで手入れはされないのが普通です。特に店頭に並んでいない車は購入が決まるまで清掃も行わないことは珍しいことではありません。

 

契約が成立すれば店舗は車を奇麗にします。そして動作確認などの整備も行われます。

 

ここで知っておいてほしいのが「整備」というのはどんなことがされるのか。

 

車の前方に掲げられている値札、ここに「法廷整備」という欄があります。ここに「整備込」「整備無」と言った記載がされているはずです。これは法廷整備がされているかいないかの表示ではありません。この表示の意味は後で説明しましょう。

この法廷整備とは国土交通省が義務付けている点検のこと。12か月、24か月に一度行わなければなりません。国家資格を持った専門家が点検します。

このほかに店舗独自で点検や清掃を行っているわけです。

 

整備込の車の方が安心?知らない人が多いのですが整備の値段はしっかり取られています

整備無と整備込どちらがお得で安心だと思いますか?

整備込の方だと思う人が多いのではないでしょうか。

 

実は法廷整備にしろ、店舗独自の整備にしろ、整備費用が取られます。全ての店舗が必ず取るわけではありませんが、見積もりに「整備費用」と書かれていれば取られていますし、車本体の価格に含まれている場合もあります。値札の表示「整備込」「整備無」は価格に含まれているかどうかという意味。

東京都 中古車販売店 20代

「整備について自慢げに宣伝する業者もいますが、しっかり料金として取られていますよ。それを案内しなければお客にはわかりませんから。整備が付いてるからってお得なわけじゃなくて、お金を払ってる分のことをやってくれてるだけなんです。でもいちいちどこかの工場に持ち込むよりは手間は省けますよね。」

 

つまり料金が発生しているわけですね。もし法廷整備がないとすれば、自分で業者を探して行わなくてはなりません。ここでどの道料金が発生するわけです。

 

整備込でも無しでも、結局必要経費ですからどちらがお得ということはないのです。

 

しかし、これが店舗独自の点検となると話は別です。もちろんこれも費用が発生します。

この店舗独自の点検と言うのは法廷整備のタイミングでなくても問題なく動作するかを点検してくれる整備、もしくは法廷整備で見ないようなカ所を点検してくれることを言います。

これは店舗によって実施してくれるところとしてくれないところがあるのです。

 

時には故障が命にかかわる車の購入で点検してくれないなんて驚くような話ですが、業者に法廷整備以外の義務はありません。もちろん不良品や欠陥品を売ることは許されない行為ですが、購入後にカーナビが壊れていても保証する義務はありません。大きな傷があってもそれは購入者の責任になります。

中古車を購入する際には点検があるのか、その料金は含まれているのか上乗せされるのか、その点検は法廷整備なのか、店舗独自の整備なのかを確認しなければなりません。

点検はしてくれても清掃はどうなっているの?

整備よりも気になるのは清掃がどうなっているのかですよね?

購入後に臭いがしてきたなんて話はよく聞きます。

中古車店の多くはそれほどきめ細かく清掃は行いません。

神奈川県 中古車販売店 30代

「中古車ですから、乗ってから思っていたのと違うのはやはり仕方ないんです。新車と違って劣化は仕方ないですし、売る方も全てを把握しているわけではありません。晴れの日は臭わないエアコンも雨の日に臭ったりする。でも、そこまで売る方は把握できません。」

 

中古車販売店によって清掃の仕方は異なりますが、水ぶきして、中を掃除機かけて、足元のマットのホコリを払って終わりです。そんなものです。

私も最初は驚きました。

 

「現状優先」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?不動産業界でよくつかわれる言葉です。

これは資料に記載されている内容よりも現物の現状が優先されますということ。つまり、インターネットに「傷なし!新車同様!」と書かれていて、実際には傷があっても、現物の今の状態が優先されるので、そこに関しては店舗は責任持ちませんよということ。

これが現状優先と書かれているだけで法律的にも許されるのです。

 

中古車は現状優先販売。店頭で見た車がきれいで臭いがなくてもエアコンをつけた途端臭いがしてきます。それでも店舗に責任はないのです。

 

そうなればますます中古車を購入するのが不安になってきますよね?

 

自分で見て購入することが重要!購入後の清掃費用も含めて検討しましょう

洗車をして軽く中を掃除して販売するのが当り前な中古車ですが、それすらも行わない業者もいます。買い取った車そのまんまと言うケースです。

前の使用者がきれいに使ってくれていればいいのですが少なからず生活臭は着いてしまうものです。

 

購入後に失敗しない秘訣としては、必ず目で見て触って、確認した車を購入することです。

 

しかし、いくら確認してもエアコンの中まではわかりませんし、シートをすべて外して見せてもらうわけにはいきません。

中古車を購入する時は、購入後に臭いや汚れがあっても清掃できるよう、清掃費用も考えて購入しましょう。

 

臭いを取るにはエアコンの中身まで清掃しなければなりませんし、シートの隙間のごみはシートを外さなければならない場合があります。これは自分の力だけでは難しい作業です。

業者に頼めるだけの資金が必要です。

その分の資金を考慮して予算を決めることが大切です。

 

また、契約する際に整備や清掃の詳細を聞いておくのも重要です。洗車はしてくれる、その分のお金は払っているのにされてなかったとなればそれをアピールしなければなりません。事前に整備などの内容を知っていないと不備を主張できませんのでしっかり確認しましょう。

最初に確認しておくことで購入後の清掃はどんなものが必要なのか、その予算も決めておくことができます。

神奈川県 中古車販売店 30代

「重要なのは店舗スタッフとのコミュニケーションです。話を聞いて、質問をすること。たいていは悪質な業者でない限り長い付き合いになるわけですから、出来るだけいいものを売ろうとしてくれるはずです。」

 

店頭にない車を取り寄せる場合はキャンセルできないので注意!!!

中古車店頭に並んでいない車でも、好きな色や車種を言えば入手してくれる場合があります。これはほぼすべての販売店が対応してくれるでしょう。

しかし、これには注意が必要です。それに私はお勧めできません。

 

店舗の店員さんは「取り寄せ」と言いますが、たいていの場合オークションなどで購入してきます。つまり、あなたに注文されたから買ってきたよということです。

相手があなたのために買ってきたものを見て「やっぱりやめた」で通用するでしょうか。もちろんキャンセル料を取られます。それも高額です。

 

50万円で車を買ってきたなら、それはあなただけのため。店舗はそれに近いキャンセル料を取らないと割に合いません。

 

取り寄せの前に誓約書を書かされることが大半なので訴えても勝てる見込みはありません。

 

この取り寄せ、店舗は簡単に提案してきますが、これに同意させるのが店舗の狙い。気にいらなくてもキャンセル料と言う利益が発生するのですから。

写真くらいは見せてくれるでしょうが、写真だけではわからないことがたくさんあるのです。

 

よっぽどどこにも在庫がなくて、その車が欲しい場合か、特殊な車でない限り、中古車の取り寄せは慎重に行いましょう。わざわざそこの店舗にこだわらなくても目的の車を見つける機会は他にもあるものです。

東京都 中古車販売店 20代

「欲しい車が決まっていて、年式や走行距離が確認できるなら取り寄せでもいいと思います。でも、ちょっと見てみたいくらいの軽い気持ちで取り寄せは店舗も嫌がるでしょう。こちらもできれば購入してほしいので取り寄せは慎重に行います。しかし、店舗によってはばんばん取り寄せをするところがあるのも事実ですね。」

 

納車までの日数

最後に車が納車されるまでどれくらいかかるのかを聞いてきました。

納車にはそれぞれ差があります。これは点検内容や車検、法廷整備などによって変わってくるもので一般的には契約から1週間から2週間あれば納車されます。

 

店舗へ取り行くことができるなら数日は短縮されることもあります。納車の準備さえ整っていれば店舗から直接乗ってくることも可能です。

状態がよく車検が残っている車であれば1週間かからない場合もあります。

こればかりは同じ店舗でも選ぶ車によって違います。乗り変えで買い取りの話が進んでいる場合は、事前に確認しましょう。

 

いかがでしたか?

中古車の点検、清掃の実情を知ることで準備しておくものがわかったと思います。

どんな車かわからないから嫌だという人がいますが、確かにその気持ちもわかります。でも、しっかり準備して契約前に確認し、購入後に整備、清掃を行うことで新車同様のぴかぴかな車で新たな生活をスタートすることができます。

高い買い物ですから形だけにこだわらず、メンテナンスもしっかりチェックして購入しましょう!

 

ご協力いただいた店舗の皆さん、ありがとうございました!