中古車には色々な種類があるのをご存知でしょうか?私も調べてみるまで知らなったのですが、それぞれに特徴があり、選ぶときにどれにするかによって注意が必要です。

今回は中古車の種類についてご紹介します!

ワンオーナー中古車

ワンオーナー中古車とは、初めて中古車になった車のこと。

つまり、オーナーが一人しかいない中古車のことです。新車を買ってその車を売りに出した車のことを指します。

ワンオーナー中古車は一般的に優良で状態のいいものが多く、人気があります。

また、新車を買えるくらいの比較的裕福層の人たちが多いので、手入れもしっかりとされており、安心感があります。

しかし、価格は少し高めであることが多く、中古車とは言えそれなりの価格を覚悟しなければなりません。

ワンオーナー中古車は車検証と新車保証書の名義を見れば確認することができます。同一であればワンオーナーだと判断していいでしょう。

状態がよく高品質な物が多いですが、ワンオーナー中古車だからと言って簡単に契約するのは止めましょう。しっかり年式や走行距離、臭いや傷など基本的なことはしっかり確認するべきです。ワンオーナーと言うのは一つの基準にすぎないということを覚えておきましょう。

認定中古車

これもよく耳にすると思います。

認定中古車とはその名の通り、認定された中古車。

 

では、誰が何を認定するのか。

認定するのは正規の自動車メーカーや第三者機関。自社の車を点検、整備しメーカーが認めた中古車のことです。

新車まではいきませんが、1年保証やロードサービスをつけて販売してくれます。また、正規部品などで消耗品もちゃんと交換してくれますし、厳しい検査項目をクリアして販売店へ納車されます。

正規のメーカーのお墨付きの中古車と言うわけです。

一般的に認定中古車は価格が高いと言われています。保証サービスや点検、整備の質が他の中古車よりも上質なため付加価値が付いてしまうのです。

 

しかし、近年では認定中古車でも低価格な車も登場してきました。

実は正規ディーラーの中古車販売はそれ以外の中古車販売店に比べ価格が高く、あまり人気がありませんでした。業界で生き残るため新車並みのサービスで中古車を他の店舗とそれほど変わらない価格で販売するという動きが強まって来ています。

 

最近は特に車種の入れ替わりが激しく、減税などもあり車の買い替えがしやすくなりました。認定中古車も私たちの手の届くところまで価格のハードルを下げてくれたのです。

とはいえ、やはり認定中古車は少し高めです。それでも保証や安心を考えると高いとは言い難いですね。

 

店舗の人に「認定中古車です」と言われたらメーカーや第三者機関が認めた車だということです。

また、認定中古車を探したければ正規ディーラーへ相談してみるのが一番の近道です。

 

新古車、未使用車

新古車、未使用車はどちらも同じものです。

これはほとんど乗られることなく中古車になった車のこと。

ほとんどのられていないということは何か理由があるのか疑いたくなりますが、心配はいりません。例えば店舗に展示していた車などがそうです。来店したお客さんが乗ったりはしますが運転は基本的にされません。

これらは中古車でありながら新車同様であり、オーナーがいないに等しいので何より劣化がほとんどありません。さらに、そんな車を中古車の価格で買えるわけですから、人気があります。

そして、最大のメリットは税金が免除されること。車検が長く残っているものは自動車重量税、4月以降に購入すれば自動車税がかかりません。

新古車、未使用車はあくまで中古車なので在庫に限りがあります。欲しい車が新古車、未使用車であった場合、特に人気の車種はすぐに売り切れてしまいます。その場で決めるのは大変勇気がいることですが時には決断も大事だと覚えておきましょう。

これも、新品同様だからと言って簡単に契約せずに、その場で決めるとしても傷や保証など基本的なことは確認してください。

 

修復歴車

自動車公正取引協議会が定めた9カ所のうち、いずれか、もしくは複数個所を修復した車のことを指します。9か所とは以下。
(1)フレーム
(2)フロントクロスメンバー
(3)フロントインサイドパネル
(4)ピラー
(5)ダッシュパネル
(6)ルーフパネル
(7)ルームフロアパネル
(8)トランクフロアパネル

これらを修復したということは何かしらの故障があったということになります。その一つが交通事故。

出来れば事故車は避けたいものですが、しかし、修復歴車=事故車ではありません。

交通事故にあったとしても上記9カ所を修復していなければ修復歴者とは呼びません。また、交通事故を起こしていなくても9カ所のどれかを修復していれば修復歴車として扱われます。

通常、事故歴や修復歴は隠したまま売ることはできません。しかし、実際には買い取り価格が下がってしまうため知らずに買ってしまうこともあるのが実情です。点検すればわかりますが、点検があまり細かくされないと見逃してしまうこともあります。販売店が故意に隠すこともあるのです。

当然、事故歴などは案内されなければならないことです。

事故歴や修復歴のある車を購入する時には経緯やどんな事故なのかをちゃんと確認しましょう。

また、そう言った経歴がない車でもあまりに傷などが目立つようであれば確認が必要です。

 

鑑定書

現在では鑑定書と言うと日本自動車鑑定協会(JAAA)が発行しているコンディションチェックシートと言うのがあります。

車の点検とは別に、資格を持った整備士が項目を基準に状態をチェックし、鑑定書をつけてくれます。

しかしながら、この鑑定書、まだまだ認知されていません。買い取りの時に一緒に提出する人が多いのですが、ほとんど意味がないと付き返されることも多いようです。

また、販売店が車の状態を見せるものとして付ける場合もあります。この時も鑑定社はお金でなんとかなる場合もあり、完璧な信頼とは呼べません。

他にもgoo鑑定と言うのがあります。これは店舗独自で鑑定していると思われがちですが、第三者機関の鑑定会社が鑑定しているそうです。

ただし、これも完璧な信頼には至りません。あくまで参考程度です。

鑑定書自体は公共機関が認めた正式な書類ではありません。しかし、数は少ないですが鑑定書があると査定価格が高くなったりするところもあるようです。また、自身の安心のために鑑定書付きの車を選ぶ人もいます。

自分の目で見たところ以外は専門家でないと確認できません。参考程度ですが鑑定書を貰うのもいいでしょう。

 

いかがでしたか?

中古車を購入するなら以上の種類を知っておけば問題ありません。

ただし、その言葉だけを信用せずに、最終的には自分の目で確認し、選びましょう。